ネイリストになるには

施術

知識と技術を得るために

今、美容業界で最も注目されているのはネイルと言われています。ネイルアートにジェルネイル等、爪のおしゃれの進化は凄まじく、それに合わせてネイルを楽しむ女性は年々増えているのです。このブームに、ネイルを施すネイリストの人気も急上昇中です。ネイリストになるにあたって、資格は必要とされていません。しかし、薬品を取り扱いそれを正しく使用するためには知識が必須であるし、また技術がなくてはサロン等でネイリストとして採用されることは実際のところ不可能です。そのためこの仕事を目指す人のほとんどは、ネイリストを養成する専門学校やスクールで知識や技術を学んでいます。専門学校は、基本的に全日制で週5日通うものです。基礎的な知識や技術から学べ、最終的には最新のスキルまで修得できます。スクールは、専門学校に比べて課程が短く、週2、3日くらい通うところが多いとされています。どちらもネイリストを目指す学校で優劣はありませんが、全くの初心者で一から学びたいと考えるなら、専門学校がおすすめです。専門学校は、知識を学ぶ座学にしっかり時間を掛けます。さらに、技術を着実にレベルアップできる実習に力を入れています。この実習では、一線で働く現役のネイリストが講師として指導しています。そのため、高い技術を目で見て実践して覚えることができ、また現在の業界の様子を知ることができるのです。もう一つ専門学校がおすすめとされるのは、資格の取得に力を入れていることや就職のサポート体制がしっかりしていることがあげられます。ネイリストには、ネイリスト技能検定等の民間資格が存在します。先に上げたようにネイリストには資格は必須ではありませんが、民間資格を取得することで一定以上の知識と技術を修得しているという証になるのです。そのため資格を取得することで、就職に有利になると言われています。